活用したい

のぼり旗のサイズの種類

のぼり旗

オリジナルのデザインで作成することができるため、種類は無限と言っても良いほどです。

自分が思い描く形で宣伝をできると良い効果が期待できることでしょう。

なお、のぼり旗というのはサイズの種類も結構ありますので、オリジナルののぼり旗を
作成する時には、その点にも注目して、適した物を選ぶことが大切なポイントです。のぼりのサイズを選ぶ

オリジナルののぼり旗のサイズは10種類以上あり、普通の物もあれば、
小さな物もありますし、逆に大きな物もあります。

普通の物というのは、高さが1500mmや1800mmぐらいです。
横幅に関しましては、450mmや600mmといったところです。

小さな物は卓上タイプといってテーブルの上などに載せて使うのに
適したかなり小さなタイプで、高さは210mmや360mmで、
横幅は70mmや120mmとかなりコンパクトでかわいらしさがあります。

一方、大きな物になると高さが2700mmもあり、横幅も900mmというボリュームです。

また、これよりもさらに大きなタイプというのがあり、
それにいたっては、高さ3600mm、横幅1200mmという大ボリュームです。

うまく選ばないとバランスが悪くなってしまいますので、
お店の規模や立地に合わせて、適切なサイズ選びをすることが大切と言えます。

なお、オリジナルののぼり旗は、大きさによって価格が変わってきますので、この点も気にしながら選んでみると良いでしょう。

新感覚のストリームフラッグ

のぼり旗のオーダーとして、ストリームフラッグが人気を集めています。

スタイリッシュなのぼりの形

従来品と比べて斬新なデザインで、それまでにない注目を集めることができます。
今回はそんなストリームフラッグについて、種類や特徴についてまとめてみました。

◯特徴:それまでののぼり旗は大きさは異なりますが、概ね長方形の定型の形でした。
しかしこのストリームフラッグは特徴的な4つの変則的形状の旗を展開しています。

それまでにない斬新的な形のため、通行人の目を引くこと間違いなしです。
その形状は意匠登録されているため、他のメーカーでは真似できません。

そのためなかなかこの形状が出回ることもないため、一度使えば末長く目を引く旗として
利用することができます。また、トップ部分が大きな円形となっているため、
デザイン的にも一番注目してほしい情報を集中させることができます。

その特徴的な形状はギザギザ型、バタフライ型、ブレード型、ベーシック型の4タイプあります。

それぞれ斬新で特徴的な形状のため、業種や旗のデザインによって柔軟に選ぶことができます。
サイズは400×473mmのミニタイプから、970×2000mmのレギュラーサイズまで、4段階で選ぶことができます。

サイズも豊富のため、置く場所に合わせて選ぶことができます。

◯オーダーについて:サイズ、形状を選んだら実際のデザインについて検討します。
もちろんデザインを持ち込むこともできますが、データ作成を依頼することもできます。

形状に合わせた効果的なデザインのノウハウも持っているため気軽に依頼してみましょう。
デザインが決まればあとは代金を支払うだけ。作成後速やかに納品がなされます。