活用したい

目に留まる

のぼり旗

人々の目に留まるのぼり旗とは、どのようなものでしょうか。

カフェを例にすると、500円のモーニングセットが売りのお店と
店主自ら焙煎したこだわりの豆で淹れたコーヒーが自慢のお店では、
同じカフェでもアピールしたい部分が異なります。

アピールする

それなのにどちらも同じ「コーヒー」「カフェ」等ののぼり旗を使っていたとしたら、
本当にお店の売りが道行く人々に伝わっているでしょうか。

この場合、「コーヒー」「カフェ」だけではなく、お店の売りである「お得なモーニングセット」
「自家焙煎」等、お店のオリジナルデザインののぼり旗を使用することがより効果的に
人々の目に留まると言えます。

オリジナルデザインなのでフォントや文字の大きさ、カラーなどを選ぶことができるので、
お店イメージに合わせて明るい雰囲気にしたり、落ち着いた雰囲気にするなど、
お店のイメージを壊すことなく、外に向けてアピールすることが可能なのです。

目立たせる

また、オリジナルデザインであることで、お店のあるエリアの客層に合わせたアピールが
叶うため、より道行く人々の目に留まりやすいといえます。

心のこもったオリジナルデザインののぼり旗からは、特別なお店の努力やおもてなしの思いを
感じることができ、「このお店は入ったら歓迎してくれそう」「居心地がよさそう」等、
良いイメージを抱く人々も多いでしょう。

このことから、人々の目に留まるのぼり旗を作るなら、断然オリジナルデザインをおすすめします。

 

コーヒー伝来は江戸時代!開国後には西洋料理店で提供

日本にコーヒーが伝来したのは江戸時代徳川綱吉が将軍であった18世紀で長崎の出島でオランダ人が伝えたと言われています。
当時はオランダ商館などで販売されていたり、オランダ人が遊女にお土産としてプレゼントをしたり特に目立った利用はありませんでした。

明治時代になると開国に影響を受け西洋での人気な飲料としてコーヒーを人々は受け入れていきます。
1877年(明治10年)コーヒーの輸入が始まり、1888年(明治21年)日本で最初の本格的コーヒー店の「可否茶館」という店でしたが、
数年後に負債を抱え、閉店となります。

それからしばらく経ちカフェーライオンという洋食メニューを中心とした喫茶店がオープンします。前述の可否茶館のコーヒーと比較し
リーズナブルに庶民にあった値段で売り出し現代の喫茶店の形はこの頃から始まりました。

他にも文化人が集まる喫茶店「カフェパウリスタ」や会員制の「カフェー・プランタン」などが登場します。
西洋料理とコーヒーの提供で日本に深く根づいていくのです。今となっては完全に日本社会に溶け込んでいるコーヒーですが、
初めてコーヒーを飲んだ江戸時代から明治後期まで日本へのコーヒーの定着は長い年月がかかったとされており、コーヒーを愛する人々の
熱い気持ちによって日本に伝わったと言えます。